頚椎ヘルニアがうずく

今回はエキサイトブログのコピペです。

奥様が退院して家事から開放されると、やたらヒマです
折角買ったマウントアダプターを使うべく、
それまでのアルファ55をアルファ7に置き換えたAマウント用のセットで
フルサイズ遊びに出かけたいのですが
残念なことに頚椎ヘルニアがまた少々悪化して左腕の負担荷重が厳しい(´・ω・`)
トータル約1キログラムを持つのは大丈夫そうですけど
撮影姿勢で支えるのはしんどいかもしれません。
だからNEX6にしたのにね(;_;)

tiyokawa.jpg
これは去年の夏のNEX6で撮ったものです

スポンサーサイト

LA-EA4の印象

元々ペンタックスの古いレンズが使いたい、というか懐古趣味的にフルサイズの思い出に浸りたい
とα7に手を出したわけですが、もののついでにAマウントレンズも救済することにしました。
初期のAマウントレンズはメーカーのAF戦略を押し付けられたようなスタイルで
MFはとんでもなく苦痛を強いられますからAFの使えるLA-EA4レンズアダプターが必須です。

まだα55で愛用していたレンズを何本かα7につけてテーブルフォトを撮った程度ですが、
LA-EA4のAFは十分実用になるようだと感じました。
それに撮影レンズの情報も記録されるので便利です。
絞り羽根を開閉する音が結構耳障りなのが気にはなります
α7mk2なら手ぶれ補正も効くのですが、この点はまた1年後に体力財力と相談します、
ともかくこれでα55は間違いなくお蔵入りです。
DSC05079-135.jpg
愛用していた135mm/2.8です
レンズ表面は一見無傷に見えますが、それは自分の眼が老化しているだけで
ルーペで見ると・・・
まあ実写に影響あるとは思えませんけど(^_^;)




Eマウントの悲哀5

DSC05084-標準ズーム
Eマウントに、Aマウント、Kマウント、アダプターを使って
フルサイズの標準ズームが3本になりました。
右端はタムロンのAF28-75/2.8 ペンタックスマウントです(あまり使わなかった)
中央はα7のセットレンズFE28-70/3.5-5.6 f5.6ってペケだけど軽量でOSS付きで出番があるかも
左端はミノルタのAF28-75/2.8 一度SSで調整してもらったお気にいり(タムのOEMだけど)

他にもオリンパス14-54/2.8-3.5(フォーサーズ)とかもありますし
セットについてくるいわゆるセットズームなんかゴロゴロあります
それらを見ればマウント難民だなあと実感しますが
問題はEマウント自体がAマウントとKマウントの受け皿であると同時に
APS-Cと35mmフルサイズの二刀流ってことですね
趣味も人生も、このままどっちつかずで漂うばかりかも・・・  
 

Eマウントの悲哀4

たいしたレンズ資産があるわけではなくてもAマウントユーザーは
なんだかんだ言ってもEマウントへ移行するのが一番穏やかな選択だと思います。
メーカーの避難誘導?に従って、LA-EA4レンズアダプターを購入しました。
hako480.jpg
超久しぶりにヨドバシカメラへ行ったのですが、あいにく品切れで翌日配達となりました。

nakamiha.jpg
ヤフオクも考えましたが、そう安くもなく、保証を考えると新品が良いでしょう

caseiri.jpg
LA-EA3と激しく悩みましたがミノルタ時代の古いレンズが主なのでAFが必須です。。。よね。

bodynitukeru.jpg
分かっておりましたが、不細工なことになりますね

100soft.jpg
まず使いたかったのは100mmソフト、今ではアプリでもそれらしい絵になりますけれど
やっぱり撮影時に感情移入できるのは楽しいですよ。
α55では実質150mmソフトでしたけれど、やっと本来の100mmで遊べます。
この状態でα55で使用するより100グラム強重くなりますが、フルサイズですから(^_^;)




ポリープ切除の予約

inenohaisui960.jpg
NEX6+16-50mm/3.5-5.6 50mmで撮影

3ヶ月に一度の経過観察の受診日でした。
毎回のことですが、深刻な宣告をされるのではないかと
ハラハラドキドキでしたけれど
前回に続き今回も数値が良くてそろそろ「シロ」と言ってもらえそうでしたが
ドクターの口からは「そろそろポリープの切除する?」と
延ばし延ばしにしていた案件を提案されて、受理?しました。
市民病院のシステムで1泊入院になるのが面倒なんですけど
ある程度覚悟は決めていましたのでそれはそれでいいとして
結局、本題の方はまだ続くのかなあ


Eマウントの悲哀3


NEX6+E50/1.8

1年前に心療内科を受診していなければα7は買っていなかったかも知れません。
「何か続けられる趣味を」と医者の勧めもあって、写真趣味をまたやり始めたときは
NEX6で歳相応に程よいカメラに出会ったものだと得心していたものでした。
それでも心の隅ではペンタックスファンでいたい疼きがありまして
Kマウント→Eマウントアダプターを入手するまでは想定の範囲内でしたけれど
1年後にフルサイズ機というのは想定外、それもこれも
マウント難民が漂着したEマウントの悲哀と言えるのかもしれません。


Eマウントの悲哀2

DSC04920-960.jpg
Eマウントの現状をある程度わかった上でα7を買ったわけだから
ガタガタ言っても仕方がないのだけれど、昨今のレンズは高すぎます。
僕の場合は普段使いのAPS-Cで十分なのでコンパクトなボディに見合ったレンズが欲しいと思うのです。
NEXやα6000シリーズのユーザー向けにダブルズームの次の次の1本に、
70mm前後のマクロとか、135mm/f3.5(f2.8とは言わない)とか
とにかく望遠が55-210/f4.5-6.3しかない現状をなんとかして欲しい。
フルサイズ超弩級レンズ設計の片手間に「ちょこっとやっときましたあ」
みたいな感じで・・・

Eマウントの悲哀

DSC04841 のコピーtrm
NEX6+E16-50/3.5-5.6
このセットが軽快で楽ちん、結局一番楽しい。
Eマウントに漂着したのは、APS-Cなのに「このサイズ」に心惹かれたから、
広角端16mmで撮っているのだけれど周辺のゴミの写り込みを修正するのが面倒で
結構トリミングしました、実質換算30mmくらいかなと思います。
ちゃんと清掃して、もう「このレンズ専用でレンズ交換しない!」
とか言えたら潔いのだけれど・・・。







16-35mm

FE16-35mm/f2.8ってレンズが発売決定!
待ってました(^^)/  ってか(;_;)
 original_SEL1635GM_resolution_01.jpg
約30万円だそうです
買い換える人が大勢いらっしゃるということですかね
お陰で、FE16-35mm/f4ってレンズが中古市場にどっと出はじめました
僕のアルファ7はNEX6の互換機でペンタックスレンズ用という限定機種?なので
FEマウントには興味はありません
興味はありませんが、いやその
万が一、手を出すとしたらFE16-35mm/f4これかな、って・・・
そおいう意味で、待ってました(^^)/

まっ、現実的にはないです。
それより、たかだか1万2千円の青春18切符を買うか買うまいか
のほうが深刻な悩み。






梅雨明けが近いそうな

DSC04881鳴子夕日960

明日、奥様が退院します
結局料理のひとつも覚えなかったけれど
キッチンのどの引き出しに何があってとか
冷蔵庫の使い方?とか少しわかったし
スーパーの買い出しもちょっとだけ要領が良くなったし
洗濯はほぼOKかな。
得意の掃除片付けは、今がチャンスと日々着々とやっていますから
見るからにさっぱりしてきました。
帰ってくる奥様の視力が良くなって見違えてくれるといいんですけど
元々から何度言ってもメガネを掛けてくれませんでしたから
片付けはともかく、窓拭きとか、キッチンの油汚れの徹底洗浄とか
気がついてくれないかもしれません。
人には得手不得手がありますからね、
日頃から自分自信がサボっていたということをちょっと自覚しましたから
気がついてくれなくてもかまわないです。